english
たかおか生涯学習ひろば
高岡市生涯学習センター
  施設のご紹介 施設の利用案内 まるごと高岡情報 リンク集  
トップページ まるごと高岡情報 高岡百科 カテゴリ別で検索   戻る
高岡観光情報
高岡百科
まるごと高岡情報検索
カテゴリ別で検索
地理事典
探訪事典
自然事典
暦の事典
産業今昔事典
暮し今昔事典
宝物事典
人物事典
文学事典
地域別で検索
タイトル別で検索
新着情報
テーマ タイトル
高岡ゆかりの文学 写真提供:高岡市万葉歴史館
高岡は、万葉の歌枕の地です。/高岡全域
町にゆかりの文学
世界的な化学者、高峰譲吉を描いた作品です。(ノンフィクション)/平米

古城公園内に父子碑があります。(俳句、短歌)/定塚

江戸末の越中の国学者・五十嵐篤好は、傑出した歌人でもありました。(歌集)/東五位

物語の発端、乗合馬車の発着地は片原町です。(小説)/平米

戦後間もない高岡の、七夕の夜が美しく描かれています。(小説)/定塚

万葉故地を巡る旅の物語です。(小説)/伏木

国守として赴任した越中の国庁で、新年祝賀にあたり賀歌を詠みました。/伏木

資産家を襲った安政の一揆、横田橋近くが、物語の舞台になっています。(小説)/横田

「燈もひとつまた夕顔の見えにけり」 (句集)/戸出

「海に出ず涅槃の鐘声(かね)や小六月」 (句集)/二上

「回廊やなまり瓦に青嵐」 (俳句紀行)/下関

西光寺を訪れた時のことが書かれています。(俳句紀行)/福田

かつての桜の名所、桜馬場通りが描写されています。(小説)/定塚

瑞龍寺を舞台に展開するミステリアスな物語。(小説)/下関

医療を拒む叔母の姿を通じて死生観を描いた、芥川賞作品です。(小説)/佐野

かつてあった、エキゾチックな富山大学官舎が回想的に描かれています。(小説)/定塚

犀星の出生秘める遊喜楼が舞台になっています。(小説)/川原

「雪折をあつめ来(きた)りぬ雪の上」(歌集)/太田

悲運の皇子、恒性皇子の話がでてきます。/二塚

瑞龍寺の見聞記です。(紀行)/下関

万葉と高岡への思いが綴られた作品です。(歌紀行)/二上

高山右近による高岡城築城の様子などが描かれています。(小説)/定塚

画家・竹久夢二の妻となった他万喜の生涯を描いています。(小説)/平米

明治時代に起きた「戸出騒動」を克明に描いています。(小説)/戸出

「われもまた見守られたるその一人」 (詩)/定塚

生家である伏木の回船問屋を描いています。(小説)/伏木

国泰寺の冬の涅槃会の折りに句を詠んでいます。(句集)/太田

「わせの香や分入右は有磯海」 (俳諧紀行)/伏木

明治時代の庄川大改修が題材になっています。(小説)/能町

弓の清水は源平の古戦場。怨念こもる城址としての般若野を描きます。(小説)/中田

国泰寺の住職・雪門の生涯を描いた作品です。(小説)/太田

芥川賞作品です。守山町の様子が描かれています。(小説)/平米

歌人でもあった宗良親王は、越中でも数多の歌を詠みました。(私家集)/牧野

高岡城築城から廃城に至る頃のことも描かれています。(時代小説)/成美

まだ少年らしさを残す青年の淡い恋の物語です。(小説)/伏木

母を恋い高岡市中を彷徨する幼い主人公。自伝的な小説です。(小説)/定塚

与謝野夫妻は、鋳物の町で二十五首の歌を詠みました。(短歌)/西条

架空説が流れた女流俳人はぎ女。その真相に迫る作品です。(ノンフィクション)/福田
ページの最上部